Kagikiyo Lock Service(鍵清)

電気錠システム(アクセスコントロールシステム)

電気錠とは、簡単に言うと電気を使い施解錠する錠前の事です。
システム環境にもよって設置機種や構成などもさまざまですが拡張性は広く、
指紋照合機や静脈流認証、網膜認証などにも組み合わせ可能でPCとのLAN接続も可能となりました。

ほとんどの場合、錠前だけではなく操作する為のスイッチやそれらを制御する制御器(コントローラ)が必要になります。一番身近な電気錠システムはマンションのオートロックシステムと言えばわかりやすいですね。

分譲マンションなどで訪問者が入居者の部屋番号を押し、音声または画像にて確認しドアホン付属の開錠ボタンで
オートロックを解錠する、などがオーソドックスなシステムです。

電気錠システムの導入は一般家庭でも増えてきている昨今、防犯性能と利便性の向上、防犯効果を発揮すると言えます。

●弊社では、年間数十件の電気錠を施工しています。一般住宅から介護施設
  公共施設・新規マンション/ビルまで、幅広いニーズに合わせ
  適切な機器を御提案をさせて頂きます。
  電気錠について、不明な点や仕様についてのご質問など、お気軽にお問い合わせください。

システム構成図

基本的な電気錠システムは電気錠/制御機/操作器/操作器の構成からなります。

denki.jpg

電気錠システムを採用する主な利点

ドアから離れた場所から施錠・解錠を遠隔操作が出来る。
ドアから離れた場所からドアの開閉や施錠・解錠などを確認できる
タイマーなどを接続して時間による施錠・解錠状況をコントロールできる。
扉が閉まると自動的に施錠するように出来るのでカギのかけ忘れを防げる。
カードなどを利用し入退室管理アクセスコントロールが可能。
各、防犯機器との拡張性が広がる。

title_11[1].jpg電磁式title_9[1].jpgソレノイド式denki02.jpgモーター式denki03.jpgレバーハンドル付

制御盤

電気錠システムを制御する機械です。
防災機器との火報やパニックオープンとの連動接続もできます。
小型で室内操作器としても使えるタイプや複数の出入り口を可能にする制御盤や
タイマー、停電用バックアップ電源等が最初から付いているものなどさまざまです。
制御盤の種類は、取り付ける扉の錠前やシステム構成によって変わります。

BAN-AS4[1].gif


多回線式制御盤

BAN-BS1[1].gif


2線式制御盤

室内側操作器

室内側から電気錠システムを操作する機械です。
病院などではパニックボタンや緊急時の任意開閉用としても使用しています。
ほとんどの場合は天井などに付けるセンサータイプかドア近くに設置するボタンスイッチタイプになります。

oa-70p[1].jpg


赤外線天井センサー

BAN-BS1SP[1].gif


操作表示機

室外側操作器

室外側に設置する操作器です。
室内側とは違って許可された人のみがドアを開けることが出来るようにする為の機器です。
よくあるタイプはキースイッチ、暗証番号式、カードーキーがあります。
最近増えてきているのは非接触型のタグなどを近づけるタイプやリモコン式、
指紋や静脈などを認証に使うバイオメトリクス系のものも増えてきています。
カードやカギと違い紛失や持ち忘れの心配がなくセキュリティ面においても許可されている
本人で以外は認証しない指紋や静脈などが今後は主流になっていくように思われます。

clip_image010.jpg


キースイッチ

TKU-002[1].gif


テンキーユニット

denki06.jpg


非接触型
(カード/タグ)受信器

RDFP[1].gif


指紋照合器
(暗証番号兼用)